離婚しようと思い立った時に、離婚した後どうやって生活していくか気になりますよね。離婚に関するお金の問題は大きく3つになります。『離婚慰謝料+養育費+財産分与』です。これらについての基礎知識をいざという時のために学んでおきましょう。

離婚慰謝料の相場

通常のサラリーマン家庭をモデルにした場合、離婚時に女性が得られる慰謝料は、現在だいたい、300万円~400万円ぐらいが相場となっているようです。もちろんだんなさんの経済力や、個々のケースでの仕打ちの酷さによって大きく変わってきますので、あくまでも目安です。
離婚慰謝料は、もちろんケースによって異なってきますが、おおよその相場というものは知られていてます。相場をしった上で自分のケースの離婚慰謝料を考えられると大変心強いものです。
慰謝料が1000万円を超えるようなケースは、芸能人など有名人やきわめて裕福な夫婦だった場合に限られると思ったほうが良いでしょう。

離婚慰謝料に大きく影響する要因

慰謝料に大きく影響する要因としては、不貞の証拠がとれている場合があげられます。ただし、双方とも不貞を働いていたケースなどでは慰謝料は、ほとんどとる事はできませんのでご注意ください。
ほかには、夫の暴力が原因での離婚の場合も慰謝料の金額はあがりやすい傾向にあります。
逆に性格の不一致やセックスレス等の理由しかない離婚の場合は、慰謝料は微々たるものにならざるを得ません。
ほかには婚姻期間も慰謝料の金額に影響します。婚姻期間が1年に満たない場合は、慰謝料は100万円以下になってしまうケースが多いです。とりあえず3年我慢してみよ!という教えは、現代の離婚慰謝料事情からも妥当なのかも知れません。