ボウリングに両手投げがあること、ご存知ですか?

最近話題らしいです。

www.youtube.com

 

タモリ倶楽部でやってたので、素人が早速試してきました。

 

結果。

 

f:id:nyanmage_wed:20170829164811j:plain

 

 

素人から、カーブを投げれる素人になりました!!! 

最高得点、驚異の132!!!

普通!!!

 

 

カーブが投げられたからといって、単純にスコアが上がるわけではないということですね。

得点のためには、確実にスペアをとれる練習が必要のようです。

 

 

投げ方のコツ(右利きの場合)

・右手の親指を抜いてボールを持ち、左手をボールにそえる。

・投げるまでの歩数は5歩を基本とし、3歩目4歩目でステップを入れる。

・投球ストロークを稼ぐため、姿勢を前傾してバックスイングする。

・投げる際には、ボールをなでるように投げる。

 

 

感想

憧れのカーブを自分のものとして簡単に投げれるのが楽しかったです。 

 

手への負担が少なくて良かったです。

ちなみに10ゲームやりました。

 

カーブだからといって無理に回転をかけない。必要以上に手首をひねらなくてよいみたい。

曲がりの強いカーブボール、曲がりの弱いフックボールという区別があるみたいです。

回転が少なくてすむフックボールを目指しましょう。

 

コントロールをつけるのが難しいと感じました。

 

自分の場合、左足は6番~5番リリースドットの間に位置させ、2番スパットをめがけて投げると、1番ピンと3番ピンの間のポケットが狙えました。

 

f:id:nyanmage_wed:20170829170707p:plain

 

斜め方向に投げるため、ガータ恐怖症に陥りやすいです。

思い切って投げるが吉。

 

投げる前に、あらかじめ若干身体を右側に開いてあげると、2番スパットを狙いやすくなります。

 

レフト側に残ったピンは、カーブでとても倒しやすかったです。

逆に、ライト側に残ったピンは、斜め方向に角度をつけてストレートを投げたほうが倒しやすかったです。

10番ピンなら、レーンのギリギリ左側に立って、6,7番スパットの間を狙いましょう

 

 

 

以下、個人的なメモ

・シューズは24

・重さは10ポンドで限界

 

 

家にあった下の本を読みましたが、両手投げが載ってるわけではないので注意。

絵をみておぼえるボウリング上達法―フックもカーブも自由自在!

絵をみておぼえるボウリング上達法―フックもカーブも自由自在!

  • 作者: 中森康友
  • 出版社/メーカー: 有紀書房
  • 発売日: 1996/06
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る