USAゴルフ通販ホームページへ


NIBLIKで出来るショットは、数々のアプローチショットです。アプローチの下手な人には最適なクラブです。

グリーン周りからは必ず1パットで終わるようにアプローチする。。これは当然のことです。

  1. 95%位の成功率を保つのにはなんといってもチップショットです。

f:id:golfnut:20081022232919j:image

コツはアイアンでパターをするような物です。これなら方向性も距離感も良いので成功する確率が高いですね。。何が何でも1パット圏内です
パターと同じようにと言う事で絶対手首をこねる事がないように打ちます。パンチショットと言う人もいますが、チップショットでは穴に入れるパターのような感覚で打つショットといってもいいと思います。グリーンの上に落として後はボールを転がす感覚です。(ランニングショット)
これなら30ヤード以内で直接ピンを狙えます。

  1. 下はピッチショット。。チップショットが出来ないから仕方なくピッチショットです。クラブの振りを加減してグリーン上にボールを落として

行きます。1パット圏内に収めるには練習が必要です。。

f:id:golfnut:20081022232920j:image

  1. アプローチショット

スイングのリズムで色んなアプローチがあります。普通に打てば9番アイアンの距離です。
f:id:golfnut:20081022232921j:image

  1. トラブルショット

短く持って低いボールでトラブルから脱出です。。

f:id:golfnut:20081022232922j:image
パンチショットの感覚で真っ直ぐ低く打てますので木の下からも楽に脱出です。


アプローチからチップショットまで、色々在りますが、一番簡単な方法を選ばせてくれるのがNIBLICK(ニブリック)です。


これで、パターの数が少なくなります。

アプローチはワンパット圏内に寄せる事なり。。。。





お問い合わせは info@fairwaygolfusa.com
フェアウェイゴルフUSA ホームページへ
各ランキングに登録しています。サイト応援をお願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへバーナーをクリックして下さい。
ブログランキング