いきなりだがこのブログは、開設して2年余り、他のネット記事では読めないようなことを、出し惜しみなく全力で書いているつもりだ。だから有料のProコースを選択し、独自ドメインを付けている。前にも書いたがこれは自分に対する「重し」なのだ。

 

そして他では代替不可の、おなじように全力投球の、真に読むに値するblogもとうぜん存在してるはずだが筆者のアンテナには引っかかってこない。

 

当ブログのアクセス解析によれば、記事の離脱率はたいへん高い、もしくは回遊性が低い。また、そもそものアクセス数も1日せいぜい2ケタ台であり、なおかつその半分くらいはロボットによる自動巡回やロシアの検索ポータル、Yandexからのアクセスである。

 

このことにかけての責任は執筆者である僕に100%ある。キャッチーなことば、斬新な論旨、ビビッドな表現に欠けているからダメなのだ。これに関しては独断に満ちたこの生硬な文体がネットやブログの流儀に合わないからダメなんだ、なんて考えたこともあったが、そんなのは言うまでもなく、僕の甘え、言い訳でしかない。文は中身で勝負するしかないではないか。アイキャッチ画像を付けるのも、言い訳がましい感じがして、いつしかあんまりやらなくなった。

 

だから、どうぞささやかなる以下のお願いを聞き届けて欲しい。それはこのブログの過去記事が1行でもあなたの胸に刺さったのなら、気軽にブックマークをしてほしいということだ。そのことによって、僕自身が、先に書いたような真に読むに値するブログにリーチできる可能性が出てくる。それはあなたにとってもそうだろうと思う。

 

はてブとは、見知らぬあなたのソウルメディア(=書いたもの)に触れる羅針盤になりうるし、自分への拡大鏡にもなる、そんな優れたシェアシステムではなかったのか。

 

そんなことを思う毎日である。

 

<了>