おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

   朝食を抜く

 これぞ不健康な体を健康体に根本から変える、最重要ポイント。

「ええ? 朝食を抜くなんて、不健康の最たるものじゃないか」
 そう思われる方がほとんどでしょう。
 朝食を抜くのはカラダに悪いという俗信は、現代では不変の真理のようになっています。

 「私は朝食を食べていません」などと言おうものなら、「どこか悪いの?」とけげんな顔で心配されるのがオチです。
 だが、朝食抜きの生活を1週間続けてみてください。

 朝食を抜けば、朝起きるときや、日中の原因不明の疲れはウソのように解消します。
 まずは実践して、体調が驚くほど改善されることを体験してもらえばすぐにわかることですが、やる気を起こしていただくためにも、そのメカニズムを紹介しましょう。

 カラダが食事を完全に消化吸収、排泄し終えるまで、一般的に約18時間かかります。だから1日に1度、食事の間隔をこの18時間分あけます。そうしないと内蔵は24時間つねに活動し続けることになります。
 1日だけで見ればたいしたことはないように思えますが、1日に1度も内蔵を休めない人は、死ぬまで内蔵を休めない人なのです。
 逆に、1日に1度、必ずこの間隔をあけている人は、毎日カラダを休めています。死ぬまで体を休めない人と、毎日休めている人。その体力差は明らかです。寿命にも大きく影響します。

 詳しく説明しましょう。

 夜6時に夕食を摂ります。次の食事は翌日の朝6時から7時ごろの朝食です。
 だがこれでは、まだ12~3時間しかたっておらず、カラダは排泄処理の真っ最中なのに次の食事が入ってきてしまいます。
 カラダが排泄に全力をあげなければならない時間に、もう次の消化吸収を始めなければならないのです。
 カラダにしてみれば、「ちょっと待ってくれ」となり、食欲がなくなって、当然なのです。
 それでは夜6時に夕食をとったときに、次に食事をとるべき適正な時間はいつでしょうか。
 それは18時間後の、翌日昼12時以降です。

 この時間まで食事をとらなければ、1日に1回、排泄は完全に行われ、内臓は充分な休養を取ることができるのです。
 これを数日実践したなら、あなたはここ数年、あるいは数十年味わったことのない、カラダの爽快感を知ることになでしょう。


ものを食べるときは、食べたいと思ったものを気軽に口に入れて数回噛んで飲み込むだけだが、そのあとカラダはじつにけなげに働き、この異物をカラダに取り込む努力をします。胃腸はもちろんのこと、特に肝臓がフル回転します。栄養を貯蔵したり分解したり合成したり毒素の処理もします。使い古した栄養は腎臓が回収して体外に捨てます。ほかにもあらゆる臓器が一丸となってこの新しく入ってきたエネルギー源の処理にかかり、内臓をフル回転させ、非常にカラダに負担をかける行為が食べるということなのです。
 しかも、現代の食生活は消化吸収が大変に困難で、とくに肝臓を著しく酷使します。肝臓の疲れは、ただちに全身の疲れとなって現れます。
 1日に18時間、何も食べない時間を作ることが重要です。
 それには、朝食を抜くのがベストのタイミングなのです。


 朝食を抜けば、信じられないような健康体が手に入るのだから、いつも疲れているという人は今日にも始めるべきです。健康な人が実践すれば、ますます健康になることは言うまでもありません

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎