どうもみなさんこんばんは。

アナと雪の嬢王です。

 

だいぶ暑くなってきましたから、イライラカリカリしちゃってダメですね。短気で短気で。プルプルプルプルしてますよ!まったくさ。

そんな風にしてても仕方ありませんから、悶々丸が31年間生きてきたなかで本当に好きで好きで影響を受けまくった映画をね、3回に渡って紹介していきたいと思います。この3作品は、順不同ですね。甲乙なんかつけられません。ただトップ3なだけです。また映画ってのは観る人間の人生のどのタイミングで観るかも大きな要素ですから、大人になってから観るより10代で観たほうが衝撃が大きいってのもあります。現に3作品とも悶ちゃんがやはり12歳~19歳くらいの期間に観た作品です。最近はすごいいい映画だなあ、これ10代の頃観てたら人生変えられたなあと思うことが多くなりました。

映画なんてそんなもんでいいんじゃないですかね。

いい具合に出会っていけばいい。

 

前置きが長くなりましたが、まずはひとつ目の作品を発表なういたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃーん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デビルマン [DVD]

デビルマン [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2005/04/21
  • メディア: DVD
  • 購入: 2人 クリック: 159回
  • この商品を含むブログ (143件) を見る
 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい・・・。

間違えて歴史に残るクソ駄作を貼ってしまいました 涙

焦りすぎですね。

焦燥感で、プルプルしちゃいました。

申し訳ない。

 

 

 

フォレスト・ガンプ [DVD]

フォレスト・ガンプ [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/07/07
  • メディア: DVD
  • 購入: 7人 クリック: 101回
  • この商品を含むブログ (128件) を見る
 

 

こちらです!

そう! フォレスト・ガンプです!!

主演トム・ハンクス、監督ロバート・ゼメキス!

 

あらすじを説明するより、下の動画をみてください。

字幕はないですが、僕はいまこれを観て少し泣きました。



Forrest Gump(フォレスト・ガンプ 一期一会) - alizee - YouTube

 

知能指数が人よりも低い少年フォレストが持前のひたむきさとイノセンスで、フットボールの全米代表選手になり、ベトナム戦争に行き、卓球選手として中国へ行き、全米中を走り、ただひたすら一人の女性を愛していきます。

いま思えばこの映画はアメリカの歴史をフォレストが旅するロードムービーなんですね。ジョン・レノンやケネディ、ニクソンなどの伝説の男たちとフォレストの共演が当時は話題になったのをよく憶えています。違和感なく当時のフォルムにトム・ハンクスをはめ込んでる技術は素晴らしいと今でも思います。

 

でもこの映画にはそんなことどうだっていいんだよなあ。

 

フォレストがひたむきな故に起こす行動が原因で起こる、ハチャメチャな出来事にリアリティを持たせるためだけに技術が生きているというくらいなもんです。

でもそれは映画のなかで特殊効果が生きる最良の法則でもあります。

 

うんころがし悶々丸は当時、おそらく13歳。

恋してたんですね。

恋に恋してたんだと思います。

 

映画のなかでフォレストはジェニーという女性に恋をします。

ジェニーがフォレストにしていく仕打ちが酷いんです。

彼女はフォレスト・ガンプ以上に不器用な生き方しか出来ないキャラクターなのかもしれません。

あなたの周りにもいませんかね?中途半端に美人なことで男ありきの人生を送ってしまい、年取ったときにどうしようもなくなっている女性。男が傍にいないと自分の実存を認識できなくて、どんどんドツボにはまっていく。

大人になるとそんなジェニーのキャラクター造形がものすごいリアルに感じられる。

 

そのジェニーとフォレストは物語の中盤で劇的な再会をします。そのシーンが本当に美しくて恋をしていた悶々丸少年はトイレにいって泣きました。どんなに酷い仕打ちをされても、どんなにその恋が叶いそうになくても人は人を想っていいんだ!そんなことボンヤリ感じたんです。

 

「人生はチョコレートの箱みたいなもの。開けてみるまで分からない。」

フォレストの母親は彼にそう言います。

 

人生賛歌なんて説教臭い物語は今でも大嫌いです。拗ねてたガキの頃ならなおさらです。しかしこの映画はトム・ハンクスの名演とそのほかの濃い脇役たちの体臭で、そんなものを突き抜けるエネルギーを僕にくれました。

 

いまだって嫁さんに買っておいたチョコレートを、嫁さんが帰ってくる前に少し食べちゃったときはフォレスト・ガンプを僕は思い出す。

美しい景色を目の当りにしたときはフォレストが言ったように、「どこまでがこの世でどこまでが天国か分からなかった」と思う。

何かを優しく許せたとき、自分は神様と仲直りできたのかなと心の中で呟く。

 

いつだってフォレスト・ガンプは僕の心のなかでいったりきたりしながら走っている。

 

 美しい音楽と限りなく優しいユーモア、そして自分の心のなかにある純粋で純粋で恥ずかしくなっちゃうくらいのフォレストに会いたくなったら、この映画を観て欲しいなと思います。

 

 

 

 

 

以上、その1でした。

またどうぞよろしくお願いしまーす。

 

http://instagram.com/p/nxVDZkTcRG/

I think that you like you and I want you to be

近所の公園です。