サーブは皆さん必ず「もっと切りたい」とか「回転のレパートリーを増やしたい!」と思いますよね?そんな方のためのノートです。


 

1ラバーを知る


 

まず、サーブをやる前にラバーを知りましょう。硬いラバーとか、食い込みやすいラバーとかそれを知るだけでだいぶ違います。

硬いラバー

硬いラバーは食い込まないので、ブチ切れのロングサーブというのは難しいです。でも、短く止まったり、横に曲がるショートサーブが出せます。詳しくはをご覧ください。

 

柔らかいラバー

硬いラバーと対照的に、ブチ切れのロングサーブが比較的出しやすいです。ショートサーブはとても難しいです。詳しくはをご覧ください。

 

2.硬いラバーの切り方

さっきも述べたように、短いサーブを得意とします。切り方は、下回転はボールの真下をとらえて薄くこすります。横回転は、ボールの真横をとらえ、擦ります。硬いラバーはこするという感覚が大事です。食い込ませようとすると長くなってしまい打たれます。

 

3.柔らかいラバー

これは、厚くボールをとらえて食い込ませてください。この場合長くはなりますがブチ切れなので変化が大きいです。また、持ち上がらないことも多々あります。薄く擦るとボールが浮いたり、回転がかからなくて強打されてしまいます。

 

 

4.フォロースルー

このフォロースルー、無視されがちですが言ってしまえばこれができればサービスエースをねらえます。普通のブチ切れのサービスは、2,3球目で慣れられてしまい返球されます。でも、フォロースルーを付けるだけで、多少切れていなくてもチャンスボールが返ってきます。

やり方は簡単です。サーブを打ったら、上に引き上げたり、台の下に持っていったりします。また、フォームをまったく変えないで違う回転のサービスが出せると尚いいです。僕は、フォロースルーでサーブ力の無さを補っていますww結構効きますよ。

 

こんな感じではありますが、試合で試してみてください。なんだかんだ言ってますがオープンハンド、トスの高さはしっかりしてくださいね!!以上!!