パッパラ働く休む事なく 
ロ ド ロ ド ランランラ 
繰り返しの毎日 
気がつけば迷子の猫の様
どっかで誰かが入れ替わろうと 
マ ノ マ ノ ランランラ 
誰も気付かない 
ひたすらに数字を追っかけた
心の奥底には 鍵をかけた扉 
「馬鹿げてる」 そう言い聞かせては 
ノックの音を無視した
「変わらない」と 諦めて 
佇(たたず)む時計の針に急(せ)かされる 
夢ならば 喜んで 
「星に願い事を」と 真面目な顔で
チクタク働け馬鹿げた兵士 
ガッタン ガッタン ランランラ 
取捨選択 よーいどん 
気がつけば真っ黒 屑の様
朝と夜とが入れ替わろうと 
ノ マ ノ マ ランランラ 
誰も気にしない 
貪欲に数字を追っかけた
扉の向こうから 微かに漏れる声
「仕方ない」と 膝立てて 
部屋の隅っこで小さく罵声を吐く 
何処でもいい 連れ出して 
王子様なんて 来るはずも無く
「こんばんは おはようございます」 
扉の向こうで誰かが言う 
「大丈夫、鍵は開けずとも」 
「ここからアナタに届くでしょ?」
そんな話は聞きたくない 
聞きたくない 嫌 聞きたくない 
ねぇねぇ 何処にも行かないで 
側にいて 話を聞かせて
「下らない」と 嘘吐(つ)いて 
それでも誰かに気付いて欲しくて 
冷たくて 触れたくない 
いつまで経っても鍵は開けられずに
棺の中 働いて 
「それでもまあ」なんて言いたくはないわ 
針は回る いつまでも 
優しいノックの音で泣いてしまう