*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

<C#>
フォーム1からフォーム2への画面遷移で、イベントを使って情報伝達をするサンプル No.1 <既存のイベントの場合>」のコード No.1


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

.






元のページ


元ページ「<C# > フォーム1からフォーム2への画面遷移で、イベントを使って情報伝達をするサンプル No.1 <既存のイベントの場合>」
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n333911

記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。






本ページの次のページ


「フォーム1からフォーム2への画面遷移で、イベントを使って情報伝達をするサンプル No.1 <既存のイベントの場合>」のコード No.2
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n335109

記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。








はじめに


元ページの

「<C#> フォーム1からフォーム2への画面遷移で、イベントを使って情報伝達をするサンプル No.1 <既存のイベントの場合>」

におけるコードをここに記述します。








Program.csファイルのソースコード




using System;

using System.Collections.Generic;

using System.Linq;

using System.Windows.Forms;



// フォーム1からフォーム2への画面遷移で、イベントを使って

// 情報伝達をするサンプル No.1 <既存のイベントの場合>

namespace TransmitEventFromForm1ToForm2_ExistingEventCs

{

    static class Program

    {


        // フォーム

        public static Form1 f1;

        public static Form2 f2;

        public static Form3 f3;



        // メインフォームを切り替えるオブジェクト

        public static ApplicationContext AppliMainFormContext;




        /// <summary>

        /// アプリケーションのメイン エントリ ポイントです。

        /// </summary>

        [STAThread]

        static void Main()

        {


            // アプリケーションソフトに関する設定

            Application.EnableVisualStyles();

            Application.SetCompatibleTextRenderingDefault(false);



            // メインフォームを切り替えるオブジェクトを生成

            AppliMainFormContext = new ApplicationContext();



            // 最初に開くフォーム(Form1)を生成

            Form1 f1 = new Form1();



            // メインフィーム設定

            // メインフィームに、最初に開くフォームを設定する

            AppliMainFormContext.MainForm = f1;



            // 次に開くフォームForm2(遷移先)も生成

            f2 = new Form2();



            // Form1のFormClosedイベントに対して、Form2上のイベントプロシージャを登録

            f1.FormClosed += new System.Windows.Forms.FormClosedEventHandler(f2.Form1_FormClosed);



            // 本アプリケーションソフトを実行

            Application.Run(AppliMainFormContext);


        }



        // ============

        // Form1 生成&表示

        // Form1 を生成し、かつ、それを開きます。

        // (本サンプルでは、本メソッドは使いません)

        public static void CreateAndShowForm1()

        {


            // メインフィーム(Form1)を生成

            if (f1 == null) f1 = new Form1();



            // メインフィーム設定

            // メインフィームを次に開くフォームに切り替える

            AppliMainFormContext.MainForm = f1;



            // 次に開くフォームForm2(遷移先)も生成

            f2 = new Form2();



            // Form1のFormClosedイベントに対して、Form2上のイベントプロシージャを登録

            f1.FormClosed += new System.Windows.Forms.FormClosedEventHandler(f2.Form1_FormClosed);



            // 前のフォーム(Form3)は、今は使わないのでnullで初期化

            f3 = null;



            // メインフィームを表示

            f1.Show();


        }



        // ============

        // Form2 生成&表示

        // Form2 を生成し、かつ、それを開きます。

        // (Form1 が閉じられた時の処理を定義するメソッドです)

        public static void CreateAndShowForm2()

        {


            // メインフィーム(Form2)を生成

            if(f2 == null) f2 = new Form2();



            // メインフィーム設定

            // メインフィームを次に開くフォームに切り替える

            AppliMainFormContext.MainForm = f2;



            // 次に開くフォームForm3(遷移先)も生成

            f3 = new Form3();



            // Form2のFormClosedイベントに対して、Form3上のイベントプロシージャを登録

            f2.FormClosed += new System.Windows.Forms.FormClosedEventHandler(f3.Form2_FormClosed);



            // 前のフォーム(Form1)は、今は使わないのでnullで初期化

            f1 = null;



            // メインフィームを表示

            f2.Show();


        }



        // ============

        // Form3 生成&表示

        // Form3 を生成し、かつ、それを開きます。

        // (Form2 が閉じられた時の処理を定義するメソッドです)

        public static void CreateAndShowForm3()

        {



            // メインフィーム(Form3)を生成

            if (f3 == null) f3 = new Form3();



            // メインフィーム設定

            // メインフィームを次に開くフォームに切り替える

            AppliMainFormContext.MainForm = f3;



            // 次に開くフォームForm1(遷移先)も生成

            f1 = new Form1();



            // Form3のFormClosedイベントに対して、Form1上のイベントプロシージャを登録

            f3.FormClosed += new System.Windows.Forms.FormClosedEventHandler(f1.Form3_FormClosed);



            // 前のフォーム(Form2)は、今は使わないのでnullで初期化

            f2 = null;



            // メインフィームを表示

            f3.Show();


        }



    }

}





さいごに


本ページの内容説明については、元ページを参照して下さい。